羽黒山門前夏宵まつり

羽黒山門前夏宵まつりにて
出羽三山参拝者が身に付ける結界
注連(しめ)づくりワークショップに参加しました。

昔から人々が無事に修行を終えられるように

思いを込めて結び、身にまとっていた注連。

神の世界と現世をつなぐ結び。

「捻れて絡まって、時には戻り、またつながって、それがムスビ、それが時間」
(映画「君の名は」より)

結び目ひとつに意味と神聖さを見出した、

古代の日本に思いを馳せます。

 

山門前の建物にてヨガストレッチの後は

国宝五重塔、
ミシュラン三つ星の
杉並木の中でヨガをしました。

 

静かに、今この空間を感じる時間が

本当に心地よかった。

 

文化と人の豊かさに浸る夏の夕暮れでした。