たまゆらフォトについて

たまゆらフォト

2019年より Emmyの撮る写真を
「たまゆらフォト」と命名しました。

たまゆら(玉響)は、
勾玉同士が触れ合ってたてる微かな音のこと。
転じて、「ほんのしばらくの間」「一瞬」(瞬間)、あるいは「かすか」を意味する古語(wikiより)


人によっては何もないと
思うかもしれない

どこまでも空と大地が
広がっているだけの景色。
道端の小さな草花。

ずっと続く青い海。
どこまでも広がる田園風景。

雄大なお山も。

そんな景色ほど
わたしの心を揺るがします。

四季によって見せる色彩。

朝の光、夕の光。

雫の落ちるほんの一瞬。

巫女が回り風が揺れるひとときや
ヒトが少し目を伏せた瞬間も。

四つ足達が気を許してくれた時に
見せる表情。

冬にごくたまに差す光の愛おしさ。

わたしは日常の
そういった小さな愛おしい瞬間を
ただ感じるためだけに

そして遠く雄大なお山や
日の沈む海を眺めるためだけに

この地球を選んで
生まれたって思うし、
もっともっとそんな瞬間を
大事にしていきたい。

ひたすらに
そんな瞬間だけを感じて生きたい。

カメラは瞬間瞬間に
いわばフラッグを
立てるようなツールです。

宇宙を信じてサレンダーを。
そしてチャレンジを。

わたしここにいます。
ここで生きています。

ABOUT ME
emmy
須藤絵美(Emmy) 秋田県生まれ |  秋田公立美術工芸短期大学卒 |  四柱推命鑑定師 |  たまゆらフォトグラファー |  せっかく地球に生まれてきたのだから、やりたい事全部やる!をモットーに日々チャレンジ。本当のその人らしさとは?を四柱推命で研究中。 写真を撮ること、生き物と戯れること、ゆっくり自然の中を散策することが大好きです。 人と自然を繋ぐ祈りの写真家を目指して。 羽黒山伏神子(みこ)名 「啓窓(けいそう)」