四柱推命

宿命中殺〜この世界に新しい価値観をもたらす魂たち

こんにちは。
Emmy(@choosejoy8888)です。
ゆるーく四柱推命鑑定師やってます。

現在は郵送鑑定はお休み中ですが
復習をかねて四柱推命のこと、
感じたことすこしずつアウトプットしています。

たくさんの流派がありますが、わたしが学んだのは鳥海流になります。

このブログでは教科書通りよりも、わたしが感じたことを書いています。

この解釈が鳥海流全体の共通のものではありませんので
あらかじめご了承ください。

始まりがあって、終りがある

ポンと生まれて、すーっと亡くなっていく

光が強くなるほど、影(闇)が濃くなる

表があれば、裏がある

この世界には陰と陽があり、どちらか一方だけに偏ることは不可能です。

運気のリズム、
体の周期、
月の満ち欠け、
ずっと同じにとどまることはありません。

宿命中殺

ここのところ宿命中殺についてちょっと考えていました。

天中殺とは運気のリズムの中でも、冬や新月のようなイメージ

12年のうちに誰にでも巡ってくるものです。

宿命中殺の人たちは、
自分の命式の中に天中殺を持っている人たちの事。

ずっと天中殺が続いているみたいなイメージです。

変わり者とか結婚生活がうまくいかないとか
異常が出やすいとか言われているようです。

言われていますが、
わたしのイメージでは普通の人が繋がれないような

宇宙のどこかの、
天体か、宇宙人か

そんなところと常に繋がってるような感じをうけます。

しまちゃん
しまちゃん
芸能人やスポーツ選手に多いらしいよ

宿命中殺の人たちは
どうして、そんな宿命を持って生まれてきたのかな?って考えてみました。

それはね。きっとね。

この世界に「新しい価値観をもたらす」
使命があるんだと思うよ。

価値観って100年あれば随分変わる。

江戸時代と今では「当たり前」が全然違うはずです。

時代とともに常識は非常識になったりする。

そして、変わるためには

「新しい価値観」を生みだす人たちが必要です。

宿命中殺のひとたちは、よりよい世界をつくるために、
新しい価値観をもたらすお役目がある

と私は思います。

変わり者バンザイ!
胸をはって自分の価値観に生きよう。

ABOUT ME
emmy
須藤絵美(Emmy) 秋田県生まれ |  秋田公立美術工芸短期大学卒 |  四柱推命鑑定師 |  たまゆらフォトグラファー |  せっかく地球に生まれてきたのだから、やりたい事全部やる!をモットーに日々チャレンジ。本当のその人らしさとは?を四柱推命で研究中。 写真を撮ること、生き物と戯れること、ゆっくり自然の中を散策することが大好きです。 人と自然を繋ぐ祈りの写真家を目指して。 羽黒山伏神子(みこ)名 「啓窓(けいそう)」