写真をおしゃれインテリアに

撮った写真をおしゃれに飾る〜和紙(アワガミ)と木製パネルで写真パネルを手作りしよう〜

こんにちは。
たまゆらフォトグラファーEmmy(@choosejoy8888)です。

久しぶりに、撮った写真でパネルを制作してみました。
今日は私がいつもやっている
パネルの作り方をまとめてみようと思います。

写真用紙はアワガミインクジェットペーパー 楮-厚口-白A4を使用。
家庭用インクジェットプリンター(canon)でプリントしています。

写真をパネルにする〜用意するもの〜

《道具》

  • タッカー
  • 刷毛
  • ハサミ
  • カッター

《材料》

  • 写真をプリントした紙(A4)
  • 木製パネル(八ツ切)
  • 水貼りテープ

写真をパネルにする〜作り方〜

まずは、プリントした紙を裏返して
刷毛で水を満遍なく塗ります。
水たまりになりすぎないくらいで、
でも紙がしっかり水を吸うくらいたっぷり塗ります。

次に木製パネルを上に乗せて、タッカーで留めていきます。

どこか一辺の真ん中を留めたら、反対側も真ん中を留めます。
ここでキレイにピンと張るに越した事はありませんが
紙が乾燥すると、ある程度伸びてキレイになるので
あまり気にしなくて大丈夫。

それよりも引っ張りすぎて紙が切れたりしないように気をつけます。

左右を留めたら上下も留めていきます。
この時、角の部分が気になると思いますが、
一旦折りこんでみて、キレイに留まる位置が決まったら
余分なところを適当に少しカットすると
キレイに仕上がります。
カットせず、折り込むだけで留めてもいいですが
わたしはカットした仕上がりの方が好みだったので
チョキチョキ切ってから折り込みます。

最後にタッカーで留めた部分に水貼りテープを貼り、しっかりと固定します。

こんな感じになりました。

しっかりと乾燥させて完成です。

次回また別記事にて、乾燥して出来上がったパネルをご紹介します。
完成品↓↓


写真を印刷できる和紙アワガミ

今回使用した用紙は阿波で作られている和紙です。

私はつるつるの光沢紙よりも
少し荒目のマットの用紙が好きなのですが
このアワガミはプロの写真家にもよく使われているそうです。
特に水貼りにすると和紙特有の質感が楽しめておすすめです。
ぜひチャレンジしてみてください。

ABOUT ME
emmy
須藤絵美(Emmy) 秋田県生まれ |  秋田公立美術工芸短期大学卒 |  四柱推命鑑定師 |  たまゆらフォトグラファー |  せっかく地球に生まれてきたのだから、やりたい事全部やる!をモットーに日々チャレンジ。本当のその人らしさとは?を四柱推命で研究中。 写真を撮ること、生き物と戯れること、ゆっくり自然の中を散策することが大好きです。 人と自然を繋ぐ祈りの写真家を目指して。 羽黒山伏神子(みこ)名 「啓窓(けいそう)」