どんぶり金魚

どうなる?らんちゅうと東錦の混泳【金魚生活】

こんにちは。
生き物ラブなEmmy(@choosejoy8888)です。
今日は金魚のその後をご報告しようと思います。
前回はこちら↓

群れて泳ぐところを見たい

もう一週間の塩水トリートメントを終えたらんちゃんでしたが、
その時に別の洗面器でトリートメントをしていた子がいます。
それは・・・東錦のアズマさんです。

東錦というのはこんな金魚です↓

画像はチャームさんよりお借りしました。

理由はらんちゃんにお友達をと思ったからでした。

どんぶり金魚だと基本的に1匹飼いが原則なのですが
よほど人馴れした子でも無い限り
1匹だとあまり動かないような気がします。

この2匹もトリートメント期間は1匹ずつの飼育だったのですが
その時は、じっとしていることが多かったです。

混泳の注意

泳ぎの得意な和金型と泳ぎの苦手な出目金や琉金型は混泳にむかないそうです。

また、個体の相性による点が大きく、相性が合わないとストレスで
体調を崩しやすいため、混泳後2〜3週間は注意が必要だそうです。

いざ、混泳開始

心配無用、めちゃ仲良しでした。
体調を崩すような様子も今のところみられません。

やはり1匹でいるときよりも2匹の方がよく泳ぎ
よく食べるようになりました。

2匹になってからの水替え

なるべく電気を使わない飼い方をしたいので
相変わらずフィルターやエアーは使っていません。

8リットルくらいの水鉢とタライを使って
水替えを毎日行う方法で今の所は飼っています。

ただ、これだと旅行など家を空ける際に家族の負担になってしまうため
水作エイトとエアーを用意しました。

2〜3日水替えが出来ない際には
やはり投げ込み式フィルターに頼ろうと思っています。

まとめ

ネット上にはらんちゅうは他の金魚と混泳できないとか
東錦とらんちゅうは混泳できないなどの情報もあり、
少し不安になりながらの混泳でした。


ただ、ペットショップの金魚たちを見にいくと
琉金やらんちゅうは一緒に泳いでいるので
個体による相性が大きいのかもしれないと思います。

らんちゃんとアズマさん、今後も要観察していこうと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
emmy
須藤絵美(Emmy) 秋田県生まれ |  秋田公立美術工芸短期大学卒 |  四柱推命鑑定師 |  たまゆらフォトグラファー |  せっかく地球に生まれてきたのだから、やりたい事全部やる!をモットーに日々チャレンジ。本当のその人らしさとは?を四柱推命で研究中。 写真を撮ること、生き物と戯れること、ゆっくり自然の中を散策することが大好きです。 人と自然を繋ぐ祈りの写真家を目指して。 羽黒山伏神子(みこ)名 「啓窓(けいそう)」