四柱推命

【四柱推命】ひとつひとつの星から受け取る魂からのメッセージ

こんにちは。
Emmy(@choosejoy8888)です。
四柱推命鑑定師です。

現在は郵送鑑定はお休み中ですが
復習をかねて四柱推命のことをすこしずつアウトプットしたいと思います。

たくさんの流派がありますが、わたしが学んだのは鳥海流になります。

このブログでは教科書通りよりも、わたしが感じたことを書いています。

この解釈が鳥海流全体の共通のものではありませんので
あらかじめご了承ください。

四柱推命とはなにか

四柱推命とは、太古の中国で生まれた「過去、現在、未来」を予見する運命学のひとつで陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)を基に、人が生まれながらにして持っている性格、能力、素質を理解し、その人の努力や経験で変わる後天的な運命までも的確に予測することができる占いです。

命式とはなにか

生年月日から導き出す「表」のこと。
その人の本質をみることができます。
西洋占星術でいう「ホロスコープ」と似ています。

人がこの世に誕生した瞬間の【年】【月】【日】【時間】を基準として柱と見立てます。柱が4つあるので四柱といい、それぞれを【年柱(ねんちゅう)】【月柱(げっちゅう)】【日柱(にっちゅう)】【時柱(じちゅう)】と呼んでおります。

※流派によりますが、わたしが学んだ鳥海流では時柱は用いません。

命式にあらわれるもの(Emmy流)

魂が選んできた、気質、性質
何をしに生まれてきたのかが命式にあらわれます。

楽しいことをやりに来ている人
自分の力を試しに来ている人
じっと考え表現する人
行動して実現する人

魂が決めてきた雛形をわかりやすく視覚化したのが命式です。

命式に読めることは、ふわりと曖昧な雛形であり、

例えばまったく同じ命式を持つ人でも
全く違う人生を歩みます。

運命がよめたり
命式どおりに生きるのが大事なのではなく、
精一杯自分らしく生きることで
経験する思いや感覚。


どんな思いや感覚を味わうために
魂がこの命式を選んで来たのだろう?

その疑問が自分を理解し解けた時、本当の意味で命式が腑に落ちるのだと
わたしは感じています。

星からのメッセージは自分で受け取ろう!

最初に自分の命式を見た時に感じたことは何でしょうか?

違和感?ワクワクした気持ち?腑に落ちた?

わたしが最初に自分の命式を見た時に感じたのは
「さっぱりわからない!」でした(笑)

だけど、ひとつひとつ
自分の星を知っていくと
今はあの星の気質が強く出てるんだな とか

あの星が陰にでているかもしれないな とか

ちょっと勇気がほしい時には
あの星を持っているんだから私は大丈夫! とか


ひとつひとつの星がまるで応援団か
守護霊かのように

じわりじわりと
星たちの存在、メッセージともとれるものを
受け取れるようになりました。

そういうふうに
じわりじわりと自分のことを理解できる。

四柱推命の命式を知るって、そういうことなんじゃないかと思います。

命式は難しい単語と怖い漢字が使われていて
最初はわからないかもしれないけれど

ぜひ、長い目で自分の星のことを
思って、知って、考えてほしいと思います。

次回から一つずつ星のことをご紹介してみますね。
最後までお読み頂きありがとうございます。

ABOUT ME
emmy
須藤絵美(Emmy) 秋田県生まれ |  秋田公立美術工芸短期大学卒 |  四柱推命鑑定師 |  たまゆらフォトグラファー |  せっかく地球に生まれてきたのだから、やりたい事全部やる!をモットーに日々チャレンジ。本当のその人らしさとは?を四柱推命で研究中。 写真を撮ること、生き物と戯れること、ゆっくり自然の中を散策することが大好きです。 人と自然を繋ぐ祈りの写真家を目指して。 羽黒山伏神子(みこ)名 「啓窓(けいそう)」